読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

It's in me and It's in YOU.

アジャイル/スクラム/データ分析とシナリオライティングや映画・本・ドラマの感想。つまりは雑記。

MENU

プロジェクトファシリテーション

プロジェクトファシリテーションを少し勉強した。 Project Facilitation From Hiranabehttp://www.slideshare.net/c-lab/ss-26526699?next_slideshow=1 すごく良い資料だった。 自分のために、プロジェクトファシリテーションの部分だけ以下にメモ。 計画・…

コミニケーションが苦手な僕がスクラムマスターをするときに気をつけている4つのポイント

自分が考えていることをまとめたくてスライドを作ってみました。 誰かの参考になれば幸い。

作業時間の実績入力は必要か?

今の現場では、1~2週間の繰り返し(計画⇒設計・開発⇒デモ⇒振返り。これを1スプリントと呼んでいる)で開発を行っています。 作業はチケットベースになっていて、最初の計画でこの1スプリントで実施することを簡単に見積もりして決め、スプリントを実施…

行ってきました → Scrum Boot Camp The Book x リーン開発の現場 - なぜ現場の実践本が必要なのか

行ってきました。http://agilesamurai-basecamp.doorkeeper.jp/events/9348?utm_campaign=event_9348&utm_medium=email&utm_source=registered_message_6075前半は本についての著者達のトークあれこれ。リーン開発の現場では以下が著者のお気に入りみたい。…

Lean/リーン 概要メモ

Wikiとかの定義とかは以下。 リーン生産方式(リーンせいさんほうしき、lean manufacturing、lean product system、略称LPS)とは、1980年代にアメリカのマサチューセッツ工科大学(MIT)で日本の自動車産業における生産方式(主にトヨタ生産方式)を研究し…

読んだよ→アジャイルと規律

アジャイルと規律 ?ソフトウエア開発を成功させる2つの鍵のバランス? 作者: バリー・ベーム,リチャード・ターナー,ウルシステムズ株式会社,河野正幸,原幹,越智典子 出版社/メーカー: 日経BP社 発売日: 2004/08/05 メディア: 単行本 購入: 10人 クリック: 11…

Product Owner(プロダクトオーナー)に関するメモ(2)

プロダクトオーナーに関する勉強メモの続き (1)はこちら プロダクトオーナーがつくるプロダクトバックログについて DEEP特性 ・適切な詳細さ(detailed appropriately) ・見積もり(estimated) ・創発的(emergent) ・優先順位付け(prioritized) プ…

Product Owner(プロダクトオーナー)に関するメモ(1)

プロダクトオーナーに関する勉強メモ。このロールはしっかりとやったことがないので、まずは勉強です。来るかもしれない、その日のために(なんて) プロダクトオーナー プロダクトオーナーとして望ましい特性 明確なビジョンを持った実行家 最終的な製品を…

 いってきたよ⇒リーンとカンバンの本質と現場改善 〜平鍋さんと現場課題を考える〜

http://leanfromthetrenches.doorkeeper.jp/events/7026?utm_campaign=event_7026&utm_medium=email&utm_source=registered_message_4243 行ってきました。もともと本書(リーン開発の現場 カンバンによる大規模プロジェクトの運営)を読んでいた際に、たま…

 KANBANに関するメモ

KANBANにについて 作業の流れを見える化すること(作業を分割してカードにして壁に張る、枠に名前をつけてそれぞれの状態を見える化すること) WIP(work in progress)を制限(各ワークフローにおいて進行中にできる作業の数を明確に制限) リードタイム(ひ…

アジャイル開発の勉強メモ

Agile勉強メモ。 アジャイルソフトウェア開発の12の原則 http://agilemanifesto.org/principles.html 1.顧客満足を最優先し、価値のあるソフトウェアを早く継続的に提供します。 2.要求の変更はたとえ開発の後期であっても歓迎します。変化を味方につける…