読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

It's in me and It's in YOU.

アジャイル/スクラム/データ分析とシナリオライティングや映画・本・ドラマの感想。つまりは雑記。

MENU

 いってきたよ⇒リーンとカンバンの本質と現場改善 〜平鍋さんと現場課題を考える〜

Agile KANBAN

f:id:yugu9:20131128192638j:plain

 

http://leanfromthetrenches.doorkeeper.jp/events/7026?utm_campaign=event_7026&utm_medium=email&utm_source=registered_message_4243

行ってきました。もともと本書(リーン開発の現場 カンバンによる大規模プロジェクトの運営)を読んでいた際に、たまたまイベントの存在を知った感じです。

No timeで登録申し込みするよね。そりゃーもう。

 

感想とか

平鍋さんの話しが面白すぎた。なんというか染みる。理論や知識だけの話しではなく、そこに「現場」のリアリティがあるからだろうか。やる気でた。

f:id:yugu9:20131128195410j:plain

そして、絶対解のない現場でどう戦うか、楽しむかのヒントたくさんのイベントでした。

メモメモ

チームで計って、チームで改善する。上から言われてやるんじゃない

うぉー、確かに。最近、チームの状況がわかるKPIを求められているけど、そうなんだよね。そう。チームで計ることが大切。

リトルの法則

WIP(中間在庫)=Lead Time(できまでの時間)×Throughput(生産性)

Lead Timeが大きくなると、Throughputは下がる

当たり前だけど式にすると腹落ちする。トレードオフの話しでもありますね。

Stop Starting, Start Finishing

まず終わらす。これは忘れてはダメですね。忘れないためのWIP制限。

実際に導入してみようと思うIdea メモ

・横槍の見える化

緊急のタスクなどは付箋の色を変えたりして、わかりやすくしておき、その数や従来のやるべきこととの比率とかだすといい。

・もっと「人」を中心に考える

人のもつ工夫のモチベーションを活かす。一人ひとりを育てる。「人」の要素がプロセスの中心である