読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

It's in me and It's in YOU.

アジャイル/スクラム/データ分析とシナリオライティングや映画・本・ドラマの感想。つまりは雑記。

MENU

(ネタバレ注意)デスノート Light up the NEW world

f:id:yugu9:20161101150342p:plain

あらずじ
デスノート」を使い、"キラ"として多くの犯罪者を「粛清」した夜神月と、彼の「暴走」を止めるべく自らの命を懸けて立ち向かった世界的探偵"L"(エル)。二人の天才による壮絶な頭脳戦が繰り広げられた「キラ事件」から10年後の、2016年。ロシアのウォール街や日本の渋谷など、世界各地でデスノートによるものと見られる変死事件が同時多発。更に、パソコンやスマートフォン等のあらゆるデジタルデバイスに、"キラ"を名乗る人物から「デスノートを手に入れろ」と呼び掛ける謎のメッセージが配信される。「キラは復活したのか?」かつての恐怖を思い出した人々は大混乱に陥る。
日本のキラ対策本部は「デスノート対策本部」と名を変えて存続しており、「三島創(みしま つくる)」を筆頭とした新メンバーたちがデスノートを発見・確保するために奔走する。
その頃、“ Lの正当後継者 ”「竜崎(りゅうざき)」は或る出来事によりデスノートが地上に6冊存在することを知り、デスノート対策本部と合流、捜査に協力し始める。
そして、ネットワークを通し世界の行く末を眺めている若者・「紫苑優輝(しえん ゆうき)」も、自らが「神」と信奉するキラのために行動を開始した。
今度のデスノート所有者は誰なのか。「死神」は所有者と共にいるのか。6冊のデスノートが全て一つに集まった時、何が起きるのか。謎に包まれた混迷の時代、三人の天才たちは知力と死力を尽くし、熾烈なノート争奪戦に身を投じていく。

雑多なネタバレ感想。

原作のルールを使ったりもしてる点は悪くはなかった。

・6冊のデスノート

死神がそれをばらまく理由を「死神大王」の政策(?)としていました。
まぁ、ここはひっかからなかったかな。理由付けとしてはありかなと。

・7冊目以降のデスノートは効果がいない=6冊を封印すればデスノート事件はもう起きない
これは、デスノート集める良い理由になっているかなって感じました。

・ライトもLも遺伝子を残してた・・
このへんから「うーん」って感じ。Lはなんかまだわかるけど、ライトも後継者をつくろうとするかな・・・。
ただ、本当にライトが子供を残していたとすると死の間際にその様子を微塵も見せなかったなら、素敵に思えてきた。

デスノート争奪戦
たくさん感想でてるけど、頭脳戦がぜんぜんなかった。

・「おお!」って思ったシーン
“ Lの正当後継者 ”「竜崎(りゅうざき)」もデスノート保持者で、
外にでるときは毎回、所持権を放棄して記憶をなくし、家のライトのスイッチにノートを貼っておいて記憶を取り戻すという仕組みはよかった。

・でも…
竜崎は新生キラ(紫苑)に捜査の一環で送ったビデオに、ノートを持っているメッセージを隠すけど、
竜崎が外でるときに記憶をなくしているとすると、このビデオをいつ撮ったんだよ、とか。外でこのビデオ見て、何も思わないのか、
とか疑問がたくさん・・。

・三島創(東出昌大
真の新生キラ。これまた記憶をなくしてみましたパターン。
作戦はおざなりすぎて、普通に拳銃で殺されそうになるという・・・。
もっと、ひっそり使えばいいのに。

・紫苑(菅田将暉
この人のクラッキング能力がある意味でデスノートよりもすごい。ある意味で、現在のメッセージなのかもしれない(言い過ぎ)

顔と名前がわかれば、ネットを駆使すれば、(社会的に)殺せるよってことなのかもしれない。