読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

It's in me and It's in YOU.

アジャイル/スクラム/データ分析とシナリオライティングや映画・本・ドラマの感想。つまりは雑記。

MENU

覚えてる あの衝撃(ザハイロウズ ツワー96 キングビスケットタイム 新潟公演1996年5月17日 新潟フェイズ)

f:id:yugu9:20170125170130j:image

中3の時にブルーハーツにはまった。
でも、ブルーハーツはその年にはもうバラバラだった。

高校生になった僕はそれでもブルーハーツを聴きながら日々を過ごしてた。

そんなときに耳と目に飛び込んできたハイロウズ。そして、地元でのライブ。

僕はドキドキしながらライブハウスへ向かった。
指定席で、たしか7列目ぐらい、まあまあ、よく見える。

ヒロトマーシーがそこにいた。

当時はまだ発売されてなかったタイガーモービルの曲もセトリにはいってた。僕が最強に好きな「俺軍、暁の出撃」もここで初めて聴いた。カミナリなんてもんじゃなかった、衝撃だった。

でも、本当の衝撃はアンコールの時に起こった。

ヒロトが言った。「椅子、邪魔じゃないか?」
指定席用にベンチが置かれていた会場は、本来はオールスタンディングのライブハウスなのだ。
ヒロトの指示に合わせて、観客が協力してベンチを脇によせていく。

会場はオールスタンディングのライブハウスに戻った。

ライブは再開する。

当然、ごちゃごちゃになったし、圧縮もすごかった。小さかった僕は流れに流された。
流された先に、最前に出てきた。
目の前にマーシー
マーシーはピックを投げる。
僕はキャッチする。
たしかに受け取った。

また、ごちゃごちゃに戻る。

熱狂のうちにライブは終わった。

 

汗だくでライブハウスを出たときに吹いた心地よい風を僕は忘れない。